なりたい「私」に近づく

【人付き合い】人付き合いは「打算」のうえに成り立っている

♦人は、一人だけでは生きられない生き物だから。

本日のサポメ、『人付き合いの本質の1つは打算である』という一文に、「そうだよねぇ…」と頷かずにはいられなかった。

なんでもかんでも自分の好き勝手に振舞っていたら、いずれは人が離れていく。その人が、よほど影響力があるか、お金持ちか、魅力があれば、もしかしたら、それこそ打算的に、「この人と付き合っておけば得するだろう」というコバンザメみたいな人は付いてくるかもしれないけれど。

だから、身のこなし方、口のきき方、身なりなど、あらゆる他人の目に触れるものについては、「他人から見たらどう映るだろう?」という視点で整えておくべきだと思うのだ。

♦一緒にいて、「気持ちのいい人」になる

あの人と一緒にいると心地いい、と思われる人って、どんな人だろうか。私の中では、こんな人。

・いつも小ぎれいにしていて
・気遣いが出来て
・上機嫌で(人に八つ当たりをしない)
・話をよく聞いてくれて
・必要に応じて、導いてくれる人

特に、仲が深まってきたら、一番最後の「必要に応じて、導いてくれる人」っていうのが重要で。ただ単に、「うんうん、そうだよね」と同意ばかりしてくれる八方美人のような人は、一期一会なら良いのだが、ずっと付き合っていく上ではちょっと異なる気がするのだ。もちろん秘儀「あなたのためを思って言っているの」攻撃(注:「あなたのため」と言っているが、実は自分のためだったりする)を繰り出すのではなく、本当に本当に、相手のことを考えて、必要であれば導いてくれる。そんな人が必要。

私も、自分で書いた「一緒にいて気持ちのいい人」になれているか、ちゃんと確認しよう。

#人付き合いのレッスン2021
#勝間塾
#サポートメール

ABOUT ME
まるこさん
こんにちは。まるこです。34歳、都内で会社員をしています。本業だけの収入に頼らない「複業」を模索中。「まるこの読書会」首都圏で開催しています。読書 / ヨガ / 学び大好きです。 詳しいプロフィールはこちら