学び

【学び】金曜日の朝に静かに考える、「空気」という存在

おはようございます。まるこです。
オフィスに来ると、在宅勤務と違って生活にかかわるものが目に入らなくなるので、自然と気持ちが静かになっていくのが分かります。今日は、ストレスマネジメントからちょっと離れて、「空気」という存在について考えてみようと思います

♦今、『「空気」の研究』を読んでいます

田端大学5月の課題図書『「空気」の研究』を読んでいる。「KY」とか「空気読めよ!」とか色んなところで、「空気」というものを意識せざるを得ない、この日本という国。きっと、これを読んでくださっている皆さんも、「空気」に悩まされたことがあるのではないでしょうか。

典型的な「空気」って、「みんなが○○だから、私も○○」みたいなものだと思うんですよね。例えば、子どものころによくやった「みんながケータイ持ってるから私も買ってほしい」というおねだりだとか、「みんながA子のことを無視しているから、私も無視する」みたいないじめに発展してしまうことまで。

「空気」のせいで、時には残酷なこともやってしまいかねない私たちは、ともするとものすごーく危険で、そして、自分のアタマでは何も考えていない生き物なのかもしれません。

♦「仲良しグループ」というLINEグループ名に感じること

今日も、通勤電車の中でLINEをしている女子高生のスマホ画面が目に入り、「○○仲良しグループ」というLINEのグループ名が付けられているのを見ました。

「仲良しグループ」って、「仲良し」じゃなかったら入れないだろうし、もしメンバーの間で何かいさかいが起こったら、どちらか弱い方のメンバーが外されてしまう可能性だって否定できない。

私は、このグループ名を見て、「ああ、若いころって、こうやって、残酷なことをやってしまうんだよなぁ…」と、ちょっと胸がチクリとしてしまいました。

これって、少し山本七平さんの言う「空気」とは異なるのかもしれませんが、このグループ名をつけるときに「私たち、『仲良し』だよね」という「前提」があるわけで。で、このグループに入ることができたメンバーは、みんな「仲良し」という「前提」のもとで友達関係を演じる必要がある。この中で「仲良し」状態を崩すような(≒空気が読めない)ことはしてはならない…という、暗黙の了解があるような、そんな気がしてしまったのです。

いわば、「空気」は「同調圧力」に近い存在なのかな、という理解です。

あなたを取り囲む「空気」は。目には見えないけれど、じわじわとあなたに影響を与えてきます。
今、あなたが感じている「空気」はなんでしょうか。そして、その「空気」は打破しなければならないものでしょうか、それとも、流されたままでいても、特に害がないものでしょうか。

#空気の研究
#田端大学

ABOUT ME
まるこさん
こんにちは。まるこです。34歳、都内で会社員をしています。本業だけの収入に頼らない「複業」を模索中。「まるこの読書会」首都圏で開催しています。読書 / ヨガ / 学び大好きです。 詳しいプロフィールはこちら