なりたい「私」に近づく

【目標達成の技術】「スラック」を生み出して、目標達成のための行動を入れよう

おはようございます。まるこです。

♦私たちは欲張りな生き物だから。

あれもやりたい、これもやりたい、と計画を立てるだけ立てて、結局、時間・体力が足りなくて何もできずに1日が終わる…なんてこと、みなさんにもあるはず。私たちは、1日24時間しか与えられていない、という事実をたま〜に忘れて、やりたいことをもりもりと詰め込んでしまいがちなんですよね。

私が勝間塾に5年以上在籍している間に、これでもか、と耳にした言葉が【スラック】です。

【スラック】というのは、余裕のこと。時間、お金、体力、メンタル…すべてにおいて、追い詰められた状態では、いいものは生まれてこない。だからこそ、1日1分1秒に至るまで、スラックが生まれるような設計をするべきなのです。

こんなに口酸っぱく【スラック】の重要性を聞かされ続けてきた私ですら、まだ余裕を持ったスケジューリングができずにいるくらいですから、【スラック】という概念の存在を認識していない人たちなんかは、どれだけ忙しない日々を過ごしているのだろう…といった感じ。

足し算より、引き算のほうが難しい。

私たちの目標達成に必要な行動を、今日のTo Doリストに盛り込むためには、何を削ればいいだろう?と考えると、必然的に過ごし方が変わってきますよね。

例えば、もうメジャーな方法になってしまいましたが、家事を電化製品にお願いするとか。掃除機をかける、というのをルンバ、拭き掃除はブラーバに。お皿洗いは食洗機、お料理はヘルシオ。そんな感じで、テクノロジーの力を頼るのも、大きな引き算のひとつですよね。初期投資はかかりますが、一度買ってしまえばかなり長いこと使えますし、文字通り、自分の生活に【スラック】を生み出すための「投資」です。

今日は改めて【スラック】の大切さについて振り返ってみました。

#目標設定の技術
#勝間塾
#サポートメール

ABOUT ME
まるこさん
こんにちは。まるこです。34歳、都内で会社員をしています。本業だけの収入に頼らない「複業」を模索中。「まるこの読書会」首都圏で開催しています。読書 / ヨガ / 学び大好きです。 詳しいプロフィールはこちら