雑記

大人の「脱水症状」は怖い。

こんにちは。まるこです!2019年下期は、「自分時間の倍増」と「複業探し本格化」をテーマに活動中です。

1.「脱水症状」になりました

昨日から、「脱水症状」でダウンしております。生まれてから34年間、「熱中症」「熱射病」「脱水症状」というものにかかったことがなく、「夏もへっちゃら♬」という気持ちでいました。しかし、今回初めて「脱水症状」にかかり、本当に怖い思いをしましたので、みなさんに共有します。

2.1日目:始まりは、関節痛

お盆休み最終日。どうもひざ裏の関節が痛い。きっと、スーツケースを持って移動していたから、筋肉痛かな、と軽い気持ちで帰宅。

その後、あれよあれよと全身が痛くなり、今までにない倦怠感に襲われます。この瞬間は、「ただの疲れかな」程度に考え、自宅でお昼寝したりしていました。

夜から本格的に発熱・頭痛・腹部の気持ち悪さに襲われる

その日の晩。倦怠感と関節痛に加え、どうやら微熱っぽい。そして、頭痛とお腹の気持ち悪さ(吐き気ではなく、ムカムカ・しくしくと痛む感じ)もだんだん出てきました。

風邪でも引いたかな、と思い、バファリンを飲んで就寝したものの、1時間おきに起きてトイレ・水を飲むの繰り返し。パジャマが濡れている、とわかるほど、ものすごく汗をかいていました。

3.2日目:出社からの病院受診

「軽い風邪だし、お盆明け早々休むなんていけない」と思い、とりあえず出社。相変わらず、微熱・頭痛・腹痛・寒気が続きます。

午前9:30、ついに耐えきれなくなり、会社の隣にある病院へ。そこで診断されたのが「脱水症状」。医師の決め手は、

  • 熱があるとはいえ、微熱程度であること(37℃)
  • 口内が乾いていること
  • 喉の痛み等は出ていないこと

だったようです。

五苓散(https://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/017.html)という体内の水分バランスを整える漢方を7日分処方してもらいました。

医師からの注意事項として、水・お茶だけではなく、ポカリスエットなどの塩分・糖分を補給できる飲料も併用するように、とのこと。

その後、なんとか夕方まで働いたものの、常にぼーっとしている状態。そして、汗を一気にかいた次の瞬間には、いきなり寒くなる、という状態を繰り返していました。

熱も続いていたので、早退。普段より、歩くスピードも50%減くらいです。本当に辛かった。

帰り道、薬局で経口補水液をたくさん購入。1本飲みながらなんとか帰宅。帰宅後もひどい頭痛で何もする気が起きず、這いつくばってベッドに入り、就寝。本当に辛かった。

4.3日目、続く頭痛

この記事を書いている今日は、症状が出始めて3日目。

本人の感覚としては、「やっと人間らしい生活ができるようになった」という感じです。本当に頭痛と倦怠感がひどすぎて、全くと言っていいほど動けない状態が続いていましたので。

まだ、頭痛が残っていますが、1日目・2日目よりはだいぶマシになりました。

5.塩分・糖分の大切さを思い知った

一人暮らしを始めて早々に襲ってきた体調不良。これ、普通の風邪だと思って放っておいたら、きっと大変なことになっていましたね。

冒頭にも書きましたが、「脱水症状」にかかったことがなかった私。今まで、どんな症状が出るのか、対策は何なのか、など調べたことがありませんでした。

そして改めて思い知ったのが、塩分・糖分補給の大切さについて。

お茶・お水だけではダメなんですね。よく汗をかく夏場は、電解質(ナトリウム・カリウム・クロール・カルシウム)もきちんと補給する必要があります。

6.まとめ:「脱水症状」で現れた症状

本当に、誇張ではなくて、このまま治らなかったら死ぬんじゃないかと思った数日間でした。

最後に、どなたかのお役に立てればと思い、私が「脱水症状」により経験した症状を記載しておきます。

  • 関節痛(全身)
  • 倦怠感(だるい、何もやる気がおきない)
  • 寒気
  • 異常な量の発汗
  • 発熱(私の場合は微熱)
  • かなり重たい頭痛
  • 腹部のむかつき

まだまだ夏は続きます。

きっと、お子さんの体調管理には気をつけていらっしゃるかと思いますが、大人の皆さんは大丈夫でしょうか。最後まで体調管理に気を抜かず、夏を楽しみましょう。

今日は、私の真夏の体験談でした。最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
まるこさん
自分へのコンプレックス満載な30代OL「まるこ」が、大好きな勉強・読書で成長する過程を記録するブログです。 詳しいプロフィールはこちら